クレジットカード現金化のメカニズムを徹底紹介!

 >  > クレジットカードと現金の違い

クレジットカードと現金の違い

まだまだクレジットカードよりも現金派という人も多い我が国ですが、クレジットカードと現金を比較した時、クレジットカードの方がポイントプログラムがあるので便利です。現金で買い物を行う場合、現金決済以上の物はありません。お店によってはポイントプログラムも用意されていますが、お店限定の物も珍しくありません。ですがクレジットカードであればポイントをインターネット上の会員ページで確認してすぐに特典に交換したり、近年では他のサービスのポイントと交換するなどポイントの活用方法に関しては選択肢がまったく違うのです。これだけの差がありますので、クレジットカードを使いこなしている人の中には「現金で買い物をする理由がない」「現金での買い物は損をしているかのような気持ちになる」という人までいるのです。還元率を考えると、現金での買い物に旨味を感じない人が多いのも分からない話ではありません。クレジットカードの世界の進歩は速いのです。

[ 2016-07-29 ]

カテゴリ: クレジットカード講座

フリーエリア

カテゴリー