クレジットカード現金化のメカニズムを徹底紹介!

TOP

今回、当サイトで御紹介させていただくのは、クレジットカード現金化のメカニズムになります!読めばきっと理解が深まりますから、興味のある方は是非一度読んでみてください!

目的を持ってクレジットカードを

ピラミッド状に積まれた一万円札クレジットカードを持つを躊躇っている人もいるかもしれませんが、目的を持ってクレジットカードを選ぶのも手です。例えばですが、買い物用として持つのではなく、家賃や水道光熱費のためだけにクレジットカードを持っておくという人もいます。日々の買い物では使いすぎてしまうかもしれないけど、家賃や水道光熱費分くらいはポイントになるようにクレジットカードにしておくという人や、大家からクレジットカードでの引き落としのみなのでクレジットカードを作ったという人もいるでしょう。このように、クレジットカードを持つ理由は人それぞれではありますが、目的を持っていればそうそう使いすぎるようなことはありません。クレジットカードはどうしても「使いすぎたら」という不安を持っている人もいるのですが、使いすぎるか否かは結局は自分自身次第になりますので、クレジットカードが危険なのではなく、「クレジットカードを持った自分」が危険なのです。

クレジットカード現金化の大きなメリット

重なり合った大量の硬貨クレジットカード現金化はショッピング枠を現金にしようというコンセプトです。キャッシングの方が便利だろうと思っている人も多いと思いますが、確かにキャッシングの方が手っ取り早いです。ですが、キャッシングとクレジットカード現金化は「現金を手にする」という目的は同じですが、利用する人の状況は大きく異なることが予想されます。限度枠一杯だったり、総量規制のおかげでキャッシングが出来ない。それでも現金が必要な人こそがクレジットカード現金化を考えるのです。つまり、クレジットカード現金化の最大のメリットは他に現金を借りるサービスを利用出来ない状況にある人であっても現金を手に出来る点が最大のメリットなのです。クレジットカードはとても便利なものですが、まだまだ現金でなければ出来ないことは多々あります。基本的に何かを支払う際には現金が必須となりますので、どうしても現金が必要なものの、現金が借りれない。そのような人にとってメリットが大きいのです。


クレジットカード現金化の事を徹底解説!現金化コンシェルジュ

クレジットカードを使いこなすために

積み上げられた一万円札クレジットカードの利点は現金が無くてもその場での買い物が可能な点以上に、各種ポイントプログラムです。ポイントを貯めてお得にする。クレジットカードにはこのようなプラスアルファが待っているのですが、普通にクレジットカードを使っているだけではなかなかポイントは貯まらないものです。かといってポイントのために欲しくもない大きな買い物を行うのはナンセンスです。そこで脚光を集めているのが家賃や光熱費です。家賃、水道光熱費、インターネット接続料金。これらはいわば毎月の必要経費になりますが、これらをすべてクレジットカードで支払えばそれなりのポイントになるでしょう。ましてや「クレジットカードを使わなければ」と意識せずとも、必要経費のようなものです。仮に家賃が60,000円だとすれば、年間でクレジットカードを720,000円分使用することになりますので、720,000円分のポイントをゲット出来ます。これらはもはや常識です。

クレジットカード現金化に失敗するってあるの?

絶妙なバランスを保つ硬貨決して難しいものではないクレジットカード現金化ですが、失敗してしまう時はないのか。いろいろと危惧している人も多いかもしれませんが、確かに失敗するリスクはないわけではありません。それは、信販会社の承認です。クレジットカードで商品を購入する際、何を誰が購入するのか、信販会社までまずは情報が行きます。そこで信販会社が承認したものは取引成立となるのですが、クレジットカードのセキュリティという観点から、それまでの取引実績と全くことなるような商品の場合、取引を承認しないケースもあるのです。このような場合、残念ながらクレジットカード現金化は「失敗」になってしまいます。特に最近はクレジットカード現金化を警戒している信販会社も増えていますので、以前と明らかに買い物の傾向が異なるのではないかと思われるような買い物は承認しないケースもありますので、クレジットカード現金化をと考えた時、一応その点も頭に入れておくべきです。

クレジットカード現金化と信販会社

扇状になっている札束クレジットカード現金化は難しいものではないと共に、極論してしまえば利用者がどのような形でクレジットカードを使用するのも自由ではあります。モラル的には黒ではありますが法律面では白。だからこそグレーゾーンとも言われているのですが、信販会社にとってはクレジットカード現金化は本音では特に問題視するようなものではないと考えているでしょう。結局はショッピング枠での買い物になりますので信販会社にとってはデメリットなどないのです。一方ではモラルが問われますので、信販会社としても「クレジットカード現金化を容認しています」とはなかなか言えないのです。特に近年、コンプライアンスの問題はとても大きいですし、野放しにしているとあればネット上で問題が拡大してしまうとも限りません。結果、クレジットカード現金化に対して否定的なスタンスを取っているのですが、各々事情に関しては違うという点は消費者として理解しておいた方が良いのかもしれません。

フリーエリア

カテゴリー